離婚がまとまらず判決離婚になる場合 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚がまとまらず判決離婚になる場合

離婚したい意思があるのに協議離婚→調停離婚→審判離婚と段階を経ても成立しない場合、裁判で離婚訴訟を起こすことが可能です。これを判決離婚と呼んでいます。
判決離婚の場合は双方の同意が無くとも、片方が離婚したくないと思っても、裁判によって判決が出ることによって離婚が認められます。
裁判で決まれば離婚が法的にも成立しますので、離婚の最終手段ともいえる方法です。
離婚の裁判においては、夫婦双方が自らの主張をします。この中で、離婚の原因となった証拠の提出を行なったり、また夫婦をよく知る人が証人として召喚されることもあります。
こうなってくると、裁判を成立させるためにも法律の専門知識があり、自分側に有利に判決を勝ち取る為の手腕も必要となってきますから、弁護士を依頼する必要が出てきます。裁判の期間は1年?1年半位かかることが一般的で、万が一判決に不服で上告をした場合にはさらに年月がかかってしまいます。離婚にかかる費用や時間はそれぞにとってかなりの負担となるでしょう。
ですから判決離婚でもぜひとも離婚を勝ち取りたいという強い気持ちが必要ですし、それ相応の覚悟も持たなければなりません。
この離婚裁判は公の場である法廷で行われますから、尋問なども基本的には傍聴者の目に触れる状況で行なわれていきます。
ですから精神的ば負担が大きく、そこらへんをきちんと理解し覚悟しておく必要があります。
離婚訴訟では、離婚したい方が原告となって裁判所に訴状を提出しなければなりません。
ただし離婚の原因を作った有責配偶者からの提訴は認められておりませんから、不倫相手と再婚したいから離婚したいなんて理由では裁判は望めません。
また、裁判になったからと言って必ず判決が下るわけではありません。判決よりも、和解を推奨するケースが多く、結果が必ずしも離婚成立というのではないのです。
手続は、離婚したい原因などを記載する訴状を2通作製して、調停不成立証明書と戸籍謄本を添えて管轄の家庭裁判所に提出します。
裁判を行うと決めたからには、早めに弁護士を探して依頼し、訴状の作製や証言の仕方等についての対策を練っておくことが大切です。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.