離婚に際して行なう財産分与の種類 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚に際して行なう財産分与の種類

離婚を考えている夫婦は、財産分与についてもよく話し合っておかなければなりません。
離婚に合意した夫婦が現実に離婚となった時に、まず問題になってくるのが財産分与の話です。
財産分与とは、婚姻期間の間に夫婦が協力して築き上げた共有の財産について、離婚に際して分配することで、この場合の財産は預貯金はもちろんですが、自宅等の不動産、動産、株や生命保険、そしてゴルフの会員権などが含まれ、さらに借金についても含まれているのです。
ただし夫婦だからと言ってなんでも二人で分けなければならないというわけではありません。例えば、結婚する前からそれぞれが持っていた物、妻が嫁入りに際して持参した嫁入り道具とか夫が結婚前に買った美術品、あるいは親族から相続した財産等は財産分与の対象から外れます。財産分与の対象となるのは、あくまでも結婚した後に夫婦が共同で手に入れた財産に限定されているのです。
また、財産分与は、離婚の原因を作ったか側かどうかに関係なく、請求することのできる正当な権利です。
離婚時に財産を分けることになるとはいっても、不動産については土地と建物をニ分割にするなんていうことは不可能な話です。こういう場合、売却してその売却金額を分けるとか、あるいは不動産の価値と預貯金が同額であれば一方が不動産、一方が預貯金を取るなどの方法で分割されることが多いようです。こういう財産分与を清算的財産分与といい、一般的な財産分与のやり方となっています。
しかし、不貞が原因で離婚するとなると、慰謝料代わりとして財産分与で大部分を配偶者へ引き渡すという、慰謝料的財産分与の形を取られる場合もあります。
また、経済力のある方が、今まで専業主婦だった等で経済的に不安がある方に対して、その人が離婚ていつか再婚をするまでとか、または話し合いで何年後までとか取り決められた年月の間生活費を払い続けることもあり、これを扶養的財産分与と呼んでいます。
このように財産分与には色々な形がありますが、離婚に至った原因や夫婦の経済力、そして子どもがいるかどうかでも方法は違ってきます。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.