離婚をしたいと思った理由 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚をしたいと思った理由

離婚を考える人にはそれぞれ理由があります。
結婚してまだ間もない夫婦の場合、性格の不一致というのが一番多い離婚理由のようです。
お見合い結婚のように交際機関が短い場合だけでなく、恋愛結婚でお互いをよく知って結婚した場合でも、実際に結婚生活を始めてみないと見えてこない相手の性格というものがあるからです。
最初は努力して互いに歩み寄ろうとしたりもしますが、それでもどうしても溝が埋められない場合に離婚を考えるようになるのです。
これは性格に限ったことではありません。
付き合っていた時には見えなかったささいな生活習慣の違い、互いの親族との折り合い、あるいは性の不一致等、お互いのズレを修復できなかった時離婚を考えるようになるのです。
そういう若い頃を過ぎ、長年共に暮らした夫婦でも、離婚を考えるケースが年々増えています。
熟年離婚という言葉はお馴染みになってきましたが、これが近年増加傾向にある離婚の形です。
厚生年金分割制度というのが施行され、長年連れ添った妻は夫の年金を離婚後でも分割してもらえるという制度ができてから、夫が定年退職をしたのを機会に妻側から三行半を差し出すというケースが増えているようです。
子どものため、家庭のために長い間仮面夫婦で我慢してきたけれど、老後位は自由になりたいと・・そんな気持ちで離婚を切り出すことが多いそうです。
また、その他離婚理由で多いものでは、配偶者のどちらかに他に好きな人ができた、不倫をしたからということもよくありますし、配偶者から暴力を受けているというのも離婚理由となります。
この配偶者からの暴力(DV=ドメスティックバイオレンス)での離婚の他には、生活費を渡さないとか暴言などで精神的なダメージを与えるという夫婦間の信頼関係を壊すようなケースも立派な離婚理由となるのです。
離婚したい理由としては、夫婦であるのに同居をしないとか家庭を顧みないといったものもありますし、重度の精神病であったり、3年以上生死不明であったりすることでも離婚請求ができることになっています。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.