離婚するタイミングとは 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚するタイミングとは

離婚のタイミングに適不適はあるのでしょうか。
私たちの人生には就職、退職、結婚や出産と様々な節目があり、そういう時期というのは新しい環境に乗り出していくのに最適な時であるともいえます。
もしそういう時期にあわせて、離婚したいという気持ちを働かせれば、スムーズに離婚が成立できるのかも知れません。
離婚を望む妻側には、熟年離婚といって夫の定年退職を待って切り出す離婚が最近増えています。
定年退職すれば退職金が出ますので、その退職金を慰謝料や財産分与として望むことができるので、夫が定年退職する時期の数ヶ月前位に突然離婚をしたいと言い出すことがあるようなのです。
厚生年金分割制度というのが施行され、長年連れ添った妻は夫の年金を離婚後でも分割してもらえるという制度ができて、この傾向が一層強まっているようです。
夫婦の間に子どもがいる場合、さらにタイミング選びは大切になってきます。
子供が小学校や中学、高校等の受験中は結婚生活を維持し、入学後に離婚に至るケースでは、子どもが新しい学校に入る際に離婚すると姓を変えるのもすんなりできるというのがメリットになります。
子どもにしても、在学中に姓が変わるというのは嫌なものでしょうし、それが元でいじめに遭うという心配だってあります。
子どものためを考えても、入学を区切りとして離婚するほうがスムーズであり、また子供に離婚のことを理解させることもできるのではないでしょうか。
もし離婚したいという気持ちがはっきりしなかったり、まだ迷いがある場合は、別居と言う形で相手から離れて考える時間を持つという方法もあります。
単身赴任や留学等をきっかけとして離婚話が出ることもあり、1つのタイミングといえます。離婚が難しい状況の夫婦でも、別居を経ることで離婚が成立しやすくなる場合もあります。
この他、子どもが結婚あるいは就職で独立して再び夫婦二人きりになったことをきっかけに、これからの夫婦二人の生活を鑑み、老後を一緒に過ごせる自身がなくなって離婚を考えるようになったという場合もあるようです。
離婚したい時には、自分の感情だけでなく、自分たち夫婦を取り巻く状況を見てタイミングを見極めるというのも良いでしょう。


レーシック 失敗 


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.