協議離婚の条件を相手に守らせるには 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

協議離婚の条件を相手に守らせるには

結婚する夫婦のおよそ9割が協議離婚をしていると言われています。
この協議離婚の進め方とその注意点をいくつかお教えしましょう。
夫婦で話し合い離婚の合意ができて離婚届を提出すれば、協議離婚の離婚成立となるのですが、この当事者間の話し合いというのがかなり難しいのが実情です。
特に離婚の原因がどちらかの不貞、借金等の理由ですと、感情に押し流され冷静さをなくして話し合いが不調になってしまうこともあるのです。
ですので、夫婦ふたりを知り、中立の立場で話を聞いてくれる第三者に立ち会ってもらうのが、話し合いをスムーズに進めるポイントといえます。
話し合いが長引くと精神的にも疲れてきますので、話し合いの内容を幾段階にわけて、日時を改めて何度か話し合った方がいいでしょう。
互いに感情的にならず、とは言ってもこれがなかなか難しいのですが、しかし離婚する夫婦二人にとって納得できる条件となるよう、努力しましょう。
離婚後のトラブルでとても多いのが、離婚前に取り決めた条件を守ってくれないということです。
子どもの養育費や生活費の支払い等、離婚した際に取り決めた約束が反故になってしまうというケースも多々聞きます。
協議離婚では、残念ながら離婚届に条件を記入する覧もありませんから、結局口約束で終わってしまったということもあるのです。
離婚が決まったら、取り決めた事柄を文書化しておけば安心です。
離婚合意書というのを取り交わすと、約束した証明となります。
公的にもきちんと条件を明文化しておきたいというのなら、公証人役場で公証人立会いのもと公正証書を作成してもらいましょう。
公正証書を作製しておくことで、万が一約束が不履行になったら裁判なしでに差し押さえ等の強制執行をすることが可能になります。
離婚したいが約束が守られるか心配という場合には、協議離婚に際して公正証書または個人的に離婚合意書を取り交わしておくことをお勧めします。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.