離婚の話し合い途中で勝手に出された離婚届を無効にするには 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚の話し合い途中で勝手に出された離婚届を無効にするには

離婚の話がなかなか進展せず、思い余った相手が勝手に離婚届を提出してしまう、そんな例もあります。そういった状況で出された離婚届を無効にするというのは可能でしょうか。
離婚届は特に書き間違い等がない場合、基本的には受理されてしまいます。
しかし、勝手に相手の名前を書いて出すということは可能なため、もし夫婦間で了解なく無断で離婚届を出されてしまった時の救済策として、無効にする手続きはあります。
例え、離婚したいとはいえ、子どもの親権や慰謝料のこと、財産分与のことなど取り決めをきちんとしないままに、知らない間に離婚が成立してしまっていたのでは不利益が生じてしまいます。
ですから、どうせ離婚するとはいえ、無断で出された離婚届を一度無効とするためには、訴訟を起こす必要があります。
裁判で認められたらその離婚は一度白紙になり、戸籍からも離婚の記載が消されることになります。
いくら離婚したいと考えていても、条件も決まらぬままに勝手に離婚届を提出されて知らぬ間に離婚が成立してしまう、こんな事態を事前に防ぐ方法もあります。
不受理申出書と言う書類を提出しておくのです。
この不受理申込書を事前に提出しておけば、相手に勝手に離婚届を出されても受理されることはないのです。
不受理申込書は各市町村役場の窓口で貰えますし、必要事項を記入して本籍地の役場に提出しておけば大丈夫です。
また、本籍地が遠くて提出しに行けなくても、他の役場に出せば本籍地役場に転送されることになっています。
尚、不受理申込書は有効期限があります。書類受付の6ヶ月間が有効期間ですので、万が一離婚話が長引く場合は6ヶ月毎に手続をして期間延長を申請しましょう。
不受理申込書を提出していて話し合いを続けて離婚の条件がまとまった場合は、そこで取下書を出せばいいのです。
取下書を出せば、離婚届は受理されることになります。
離婚届と一緒に不受理申込書の用紙ももらっておけば、万が一の場合もこちらに不利な離婚を食い止めることができるのではないでしょうか。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.