離婚を望む夫婦は増えているのでしょうか 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚を望む夫婦は増えているのでしょうか

最近、離婚を望む夫婦が増えているのではないかといわれています。
芸能人の離婚のニュースが話題になったり、離婚関連の様々なノウハウや情報が巷にあふれているので、そのような印象を抱くのかもしれません。
離婚したい理由としてドメスティックバイオレンス(DV)とか熟年離婚というものが周知されるようになってきていること、また国際結婚が増えるにつれ文化や習慣の違いで離婚するカップルもが多くなったこともその印象を強くしているのかもしれません。
ですが、実際は離婚率は減少の傾向にあるといいます。
日本においては平成に入ってからの離婚率は増加の方向にありました。しかし、最近は少しずつ離婚する数のピークが下がってきているそうで、現在の離婚率は2%だそうです。
一方で離婚する夫婦は3組に1組とか言われています。
この数字から想像すると、離婚を考えている夫婦の数はさらに潜在的に相当数いるだろうと予想されます。
しかし、この数字の計算のし方に一種の魔法があって、その年結婚した新婚夫婦の数を離婚した夫婦の数で割って計算した数字ですから、結婚しない人が増えている現状を考えるとこの数字が今の日本の本当の姿を映し出しているとは言えないかも知れません。
尚、世界各国の離婚率を見てみますと、離婚が少ないのは宗教上離婚を認めていないカトリック系キリスト教徒が多いラテンアメリカの約0.6%や、カトリックの総本山ともいえるイタリアでも離婚する割合は0.7%と低い数字となっています。
逆に離婚率の高いのはアメリカやロシアで、離婚率は4%を超えています。また、離婚後の福祉が大変充実している北欧の諸国についても高い傾向があるようです。
韓国や中国でも女性の社会進出が増え、また社会構造の近代化によって、離婚したいと考える人が増えつつあると言われています。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.