離婚したい理由の最近の傾向 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚したい理由の最近の傾向

離婚したい理由には時代によって傾向があるようなのです。
では最近の離婚したい理由とは、どんなものでしょうか。
最近特に目立って多くなった傾向として言えるのは、熟年離婚が多いということです。
何十年も生活を共にしていた夫婦が熟年に別れるのが熟年離婚ですが、これが多くなったのには厚生年金の分割制度が始まったということが影響しているように思えます。
平成19年4月に始まったこの制度によって、離婚しても合意があれば厚生年金の分割制度で結婚していた間の厚生年金の夫婦合計の金額を分割できることになったのです。
さらに平成20年4月からは自動的に2分割されることとなっています。
これらの制度により、収入が無いあるいは少なくひとりの老後を不安に思ってなかなか離婚に踏み切れなかった妻側が、離婚を決断しやすくなったといえます。
また、この制度の施行がわかってからは、離婚話を制度開始まで控えていた方もあったようで、制度施行直後一時的に離婚率が上昇したこともわかっています。
この熟年離婚の他にも、離婚したい理由としてはドメスティックバイオレンス(DV)が理由による離婚も増えています。
DV防止法という、配偶者からの暴力の防止と被害者の保護についての法律で、配偶者からの暴力が怖くてなかなか離婚に踏み出せなかった人の離婚への手続きがこの法律によりスムーズに進むようになったのです。
また、離婚したいと相談する方の層を見てみると、相談者は女性が多く、まだ子どもがいない結婚2年以内の夫婦と、結婚して10年以上の子どもが複数いる夫婦にも見られます。その多くの理由としては、配偶者の浮気に悩んでというのが多く、それでも昔は経済的な自立が望めず我慢していることが多かったのが、今は女性の社会進出が進んで経済的な不安が解消されつつあることから離婚を考える人も増えてきているのが状況です。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.