離婚する夫婦の戸籍と姓の問題 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚する夫婦の戸籍と姓の問題

離婚する際、離婚後の戸籍や姓をどうするのか夫婦間でよく話し合って取り決めておくことが大切です。
離婚をすれば、もちろんそれまで一緒だった戸籍はそれぞれ別々になります。夫を戸籍の筆頭者としていた場合には、妻は夫の戸籍から除籍されます。
その場合除籍された妻は、結婚前の親の戸籍にまた入るのか、あるいは自分を筆頭にして新しい戸籍を作るかを決めないとなりません。
姓は結婚前の旧姓に戻すことも可能ですが、結婚した時の姓をそのまま名乗り続けること可能です。仕事の都合で姓の変更が大変な場合とか、あるいは子どもの名前が変わるのは可哀想等の理由でそのままの姓の姓を使用することもあるようです。これはそれぞれの事情に合わせて決めるといいでしょう。
離婚した後にも離婚前の姓を引き続き使用する場合には、離婚成立から3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」というものを市区町村役場に届け出ればそのまま結婚時の姓を継続して使うことができるのです。
期間が過ぎた後にもし旧姓に戻りたいと考えたのなら、家庭裁判所に行って氏の変更許可の申し立てをしなければなりません。この許可を取るのはとても難しいとされていますので、離婚後3ヶ月以内にきっちり決めるようにしましょう。
離婚する夫婦に子どもがいた場合、慎重に姓のことを考えましょう。
離婚はしたいのだけれど、子どもの戸籍や姓をどうしたらいいのかわからず悩んでいる親御さんが多いかも知れません。
子どもの姓はどうするのかについてもしっかり下調べしておくと、安心して離婚話が進められるでしょう。
離婚する夫婦の戸籍筆頭者が父親だとしたら、母親が親権者で同居だって母親としているのに、子どもの戸籍と姓は父親の方になってしまいます。
その状態に違和感を感じるのが普通でしょう。そういう場合、子どもの戸籍と姓を変更することも可能です。家庭裁判所で手続きをすることになります。
尚、子供が15歳以上になっていたら、本人の意思によって戸籍と姓の変更について申し立てを行なうことも可能です。
同居している親の戸籍と姓に変更した後、子ども自身が成人になった後で別居している方の親の姓に戻りたいと考えたのなら、20歳から21歳になるまでの1年以内でしたら市区町村役場で手続を行えば自分の戸籍と姓を自分で選択することが可能となります。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.