離婚する夫婦と子どもの親権について 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚する夫婦と子どもの親権について

離婚する夫婦に未成年の子どもがいる場合は、親権者をどちらにするか離婚時に取り決めないといけません。
親権者には、子供の監護と子どもの財産管理に責任を持つこと、さらに毎日の生活の世話をして教育を受けさせるための責任があります。
離婚する夫婦どちらにとっても大切な権利なので、離婚時親権を争ってのトラブルというのは非常に多く、協議離婚をしようとしても親権を夫婦どちらが持つのかの合意がないことには離婚届も受理されないとあって、離婚に際しての大きな争点といえるかも知れないのです。
親権者をどちらにするかを離婚する夫婦の間で互いに譲らず決まらない場合、家庭裁判所での調停や審判、あるいは最後は裁判によって決定しないといけません。
子供の幸せ、福祉を最優先として、経済や住宅環境、そして子供への愛情と子育てへの熱意等の細かい条件を元に決めることになります。
いくら収入が良く住まいや教育環境が整ってても、親権者となれるわけではありません。
困った場合に親族からの援助があるかどうか、離婚後の生活がより良いものとなるには父母のどちらがいいのかについて、十分に検討されて判断が出ることになるようです。
また、子供が10歳未満、特に年齢が小さいほど、親権が母方に認められるケースが多く、特に乳児の場合の親権は母親側にはっきりした原因でもない限り、父親が親権を獲得するのは難しくなっています。
子どもが中学生位になりますと子ども自身の意思も尊重されます。例え姉妹兄弟であっても、兄は父方に、妹は母方に等と親権者がそれぞれ別に決定されることもあるようです。
なお、親権は取れなくても、子供の養育をしたい場合は話し合いによって引き取ることが可能です。またその後の親権者の変更も、可能となっていて後から親権を得ることもできます。
離婚を考えるのなら、まずは大切な我が子の親権のこともちゃんと考えておくことが大切です。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.