離婚するとなったら決めなければならないこと 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚するとなったら決めなければならないこと

離婚したいという意思がはっきりと定まったなら、離婚成立に向けて色々なことを決めなければなりません。
決めなければならないことの多くは、経済的な問題がからんできます。
まず最初に、慰謝料や財産分与についてどうするかが問題となってくることが多く、どちらかの不貞などのはっきりとしたものがない、例えば性格の不一致等の理由になってくると、互いに離婚にいたるような負うべき責任はないとみなされて、慰謝料の請求がない場合が大部分のようです。
しかし、離婚したい理由が相手の不貞とか暴力等であった時には、結婚していた年数や収入、そして離婚の原因である理由によって、慰謝料の支払いが発生してきます。
財産分与については、婚姻関係にあった期間に財を成した場合が対象となります。預貯金や株券、そして不動産等を分け合うこととなります。
また、離婚する夫婦の間に未成年の子どもがいる場合には、子どもの親権、養育権、そして養育費も話し合いが必要です。
普通一般には子供の親権は母親が持つことが多いのですが、母親の不倫が原因の離婚や母親に育児放棄の可能性がある場合等には父親が引き取ることも少なくないようです。
離婚したいのでしたら、子どものために養育費についてもしっかり取り決めすることが大切です。
しっかり取り決めておかないと、実施亜には不払いになってしまい子どもが満足な教育や養育を受けられず困窮してしまうこともあります。金額はいくらか、支払い日、支払い方法は現金か講座振込みか、月収から振り込むこともできますのできちんと手続きを取り決めておくことが大切です。
戸籍と氏名の変更についてもしっかり話し合い、離婚後は旧姓に戻る、あるいは今の姓を名乗る、戸籍は新しく作る等についても考えなければなりません。
沢山のことについて話し合い、取り決めなければなりませんので、もし離婚となったなら、小さなことまでしっかりチェックして取り決めるべきことをあげておくことが大切です。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.