離婚した後の子どもとの面会交渉権 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚した後の子どもとの面会交渉権

離婚したいと考える際、あるいは離婚が成立した後になっても様々な悩みがあります。
子どもがいればその悩みは尚更です。悩みの1つには子どもとの面会交渉権についてでしょう。
離婚する夫婦が話し合って子どもの親権者を決めるに際して、養育費の金額等と一緒に子どもとの面会をどうするかも取り決めできるのですが、親権あるいは養育を手放す側はその権利を持つことは当然のことです。
離婚する夫婦にはそれなりの理由があるわけで、たとえ権利だとわかってはいても養育する側は子どもとの面会を別れた相手に許すというのは難しいことかも知れません。
けれども子どもにとって離れて暮らす親の愛情を唯一実感できるのが、面会の時間なのです。その面会が子どもの心の成長に良い影響を与えることは間違いないことなのです。
通常面会交渉権としては、月に数回の面会の他、電話や手紙のやりとりが認められているようです。
離婚することになったら、子どもの心を考慮してこの面会交渉権についてもしっかりと取り決めを行ないましょう。
ただし、離婚理由が何らかの理由で相手が家庭を顧みないということを原因としている場合や、家庭内暴力などが原因の場合等、面会させることが子どもにとって良くないケースもあるので要注意です。
不貞が原因となっての離婚の場合も、夫婦間では既に了解済みとはいえ、子どもにとっては不貞を犯した親に対して嫌悪感を抱いている場合があり、このような心境の子どもに無理やり面会をさせるのも良くはありません。
ですから、面会交渉権は子どもがいる夫婦全てに認められているというわけではなく、先にあげたような子どもにとってマイナスな事態が想定される面会、取り決めたことを守らずに勝手に子どもに会う行為、さらには無理やりに連れ去ろうとする行為、そして養育費を取り決め通りに支払わない等の場合、面会交渉権自体を取り消されてしまうことだってあるのです。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.