離婚する時には弁護士を 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚する時には弁護士を

離婚をする際、簡単な話し合いで協議離婚が成立する場合は別として、様々な話し合いが必要な場合、法律的なアドバイスをしてサポートをしてもらうために弁護士を頼みます。
結婚している年数が長いほど、離婚では財産分与の問題、慰謝料、そして子供の親権の問題等、法律上きっちり決めておかなければならないことが沢山あり、離婚をする夫婦の間にはどうしても感情のもつれがあるため、当事者同士で冷静に話し合って離婚を成立するというのはなかなか難しいことが多いのです。
このような場合、弁護士がいれば大きな感情のもつれもなく上手に解決する助けとなってくれるでしょう。
財産分与や子ども親権を巡ってのトラブルで、弁護士の力量が発揮されることが多いようです。
夫婦や家族に複雑な事情がある場合程、調停や裁判の際に法律的な専門知識が必要となってくるのです。
また、相手側に不貞や借金等離婚原因がある場合は、こちらとしてはより有利に、離婚後の生活がちゃんと成り立つように離婚条件を取り決めたいと願うものではないでしょうか。
また、少しでも早く離婚をしたいと願う際も、弁護士に依頼すると効果的です。
弁護士に依頼する方法ですが、知人の紹介等で相談するケースの他、自治体や弁護士会が行なっている法律相談を利用すると言う方法もあります。
離婚訴訟の経験が豊富な弁護士をお願いすると、より安心でしょう。
弁護士費用は、着手金といって依頼した段階で支払うお金の他、解決した場合に支払う報奨金が必要となります。また、相談料、日当、それに交通費や通信費(切手代等)の実費も請求されます。弁護士費用は事案が難しければ難しいほど、かかった時間と労力が多いほど、高くなると思って間違いないです。
ただ、費用負担がいやで弁護士なしで交渉をすると、かえって離婚の話し合いがこじれて長引いてしまったり、また条件がこちらに不利になったりしてしまいますので、弁護士を頼んだ方がいいでしょう。
最初に法律相談をして、その時点で費用やどの位の時間がかかりそうかなどの提示をしてもらったら安心ではないでしょうか。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.