離婚したい夫婦が別居する時の注意点 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚したい夫婦が別居する時の注意点

離婚したい夫婦というのはどうしても感情的になっている事が多いため、一度冷静になるためにも別居してみると言うのはいい方法かもしれません。
別れて生活をすることで冷却期間となり、離婚したい本当の原因は何かを見定めたり、改めて相手への気持ちを見つめなおしてみたり、あるいは将来の新しい生活に向けた具体的な計画作りなどの考えもまとめやすくなると思います。
ただし、離婚を望んで別居をするのでしたら、勝手に家を出たりすることだけは避けてください。
法律上、夫婦には同居をするという義務があります。
突然家出をしてしまうと、同居義務違反ということになり、もし今後離婚調停などになったら不利になることもあるのです。
無断で家を出て別居をし、しかも配偶者の言い分に聞く耳なしで全く無視していたりすると「悪意の遺棄」と判断されてしまいます。
また、家を出た方は相手をこらしめるための一時的別居で、離婚したい訳ではなかったとしても、それが理由で離婚されてしまうということにもなるので、慎重に行動しましょう。
別居する時には、互いに別居をする理由を話し合い、合意に至っておくことが大切です。
ただ、配偶者からのドメスティックバイオレンス(DV)やアルコール中毒で暴れて怪我を負う危険がある場合には、緊急避難的に別居しなければならないこともあるでしょう。こういう場合には、互いの合意など必要なく、同居義務に違反はしませんので安心してください。
別居する旨を直接面と向かって話し合うというのが躊躇されるのであれば、手紙や電話で伝えてもいいです。
別居中の生活費についてですが、婚姻費用分担義務というのがありますから生活費もちゃんと請求でき、合意をしている場合には子どもの養育費も支払ってもらうことができます。
個人名義の結婚前からあった財産などいわゆる特有財産でしたら、別居の際に持っていくことも可能です。
離婚を考えている夫婦にとって別居をしてみるのは、自分達の結婚生活について改めて考えてみる時間となります。また離婚の原因についてもよく考える機会となり、そして離婚を前向きに進むためのチャンスともなるでしょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.