離婚したいと思う親と子のための公的援助 〜 離婚したい!

main_top_over_navi
main_top

離婚したいと思う親と子のための公的援助

離婚を考えている夫婦は、離婚後公的な援助を受けることも可能です。
離婚後の生活にもし経済的な心配があるようでしたら、あらかじめ公的な援助がどのくらい受けられるか調べておくとよいでしょう。
特に子どもがいる夫婦であれば、援助も厚く大変助かるものです。
子どもがいる場合、公的援助としては、児童福祉手当てや児童扶養手当というものがあります。
離婚した後、母親が子どもを引き取る場合には、より手厚い援助をしてもらえるのです。例えば、母子福祉資金の貸付制度、就業して生活が安定するまでの間母子寮などで暮らせる母子生活支援施設の利用制度、義務教育就学援助制度等があります。
これらの援助を受けるためには、それぞれの制度毎に利用するための条件が決まっていますので、きちんと調べておきましょう。
例えばですが、児童扶養手当をもらうためには、父母が離婚した後の生活が父親とは一緒ではいけないことになっています。
またこれら多くの制度は、日本国内に住所のある一人親家庭が対象となっています。所得制限が設けられていて、所得があるために支給の対象外となってしまう場合もありますので、気を付けておきましょう。
離婚を考えた時には、公的援助によって子どもの生活や教育にどのくらい補助があるのかもしっかり考慮しておきましょう。
離婚後の援助としてはこの他にも、母子父子家庭医療費助成、住民税・所得税・自動車税の減免や水道・下水道料金の減免、公立高校の授業料の減免や私立高校の授業料軽減貸付制度等があります。
もし、以上の援助を頼っても、それでも親子で自立した生活が送れるか不安という方、もしそれで離婚に踏み切れないという場合、生活保護の受給という方法も残っています。
生活保護の制度は、収入も低く親族の協力も期待できず、最低限の生活さえも維持が不可能と認められた場合にのみ受けられる制度です。受給するためには様々な条件や制限を受けなければなりません。しかし、もし離婚したいという意思が固い場合、一時的に生活保護に頼ることも想定して計画してもいいのではないでしょうか。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 離婚したい! All Rights Reserved.